ヘルメット塗装、製作は職人が一つ一つ手作りで制作しています、

ヘルメットペイントトップページへTOPページへ

 

ヘルメット製作の説明と注意事項

既製品のヘルメット

 既製品のヘルメットはプリント転写で塗装でなく機械で転写でつくりますから狂い無く完璧にできます
 色も100個ありましたら100個共同じ仕上がりで値段も安く仕上がります。
 文字、ライン厚さ、色合い、位置関係等の細部の仕上がりも完璧とも言えます。
 またフチゴム部分も何もパーツが付いていない状態で転写するので綺麗に仕上がっています。
 プリント転写はバラツキは無いですが塗装と違い、色の深みと味がでにくくなります

ヘルメット塗装とは?

 塗装とは職人が手作業で作る作品です、精度を高く求めると、制作料金も高くなっていきますが
 たとえ50万円以上だしても悪い所と商品バラツキはありますので正確を求める場合は既製品
 見た瞬間の艶と深みのある深い感動を求められる方は塗装をお勧めします
  細部の悪い所も手ずくりの味と思って頂けるようお願い致します。
 芸術と同じで、体調と気分で仕上がりも変わってくる位シビアーなアートの世界です
 既製品はフチゴムもパーツもなにも付いていない状態から機械で狂いもなく転写するのと違いまして、
 当社では出来上がったヘルメットにマスキングをしてから職人が塗装していますので
  細部に荒さが出てきます。
  塗装は制作中、人間の感覚でライン等各バランスを見て修正をしながら仕上げています。
 当社は安い金額で塗装の仕上がりと深みのある塗装製作を提供しています。

塗装の良いところ?塗装をする理由

 塗装は職人が手作業で作る作品です、一種の芸術とも言えます。
 職人によって同じデザインでも (文字を書いてもみんな個性があって同じ文字をかけない)
 と同じで職人の塗装の仕上げ方による味つけができます。

 職人の考え方一つで同じヘルメットでも違った味わいがあります。
 見た感じで熱意、と感情が伝わるような味と輝きが感じ取れるのが良い所です

 既製品のプリント転写では出せない深みのある色の味わいがあります、
 色の深みをだす為に少し透明感のある塗料を塗装の厚みとデザインで吸い込まれるような
 色の深みの芸術と人間の持つ感情的な気迫、スピード感、冷静さ等までも演出します、
 これが職人による塗装の醍醐味です。

レプリカ風 F1仕様 オリジナル塗装品質の注意点

 レプリカは現在、塗装販売していませんので、似た感じでのお任せでしたら塗装させて頂きます
 同じ物は塗装できませんので、若干見た感じも変わりますことをご理解してください。

 本物のF1ドライバーが実際に使用しているヘルメットも手作り塗装です
 細部の荒さ、ロゴが曲がっていたりで商品のバラツキがF1使用の本物でもありますが
 既製品では出せない塗装だけの持つ独特の良さがたくさんあります。

 本物のF1ドライバーが使用するヘルメットはシーズン中でもロゴ変更があったり
 同レース中でも練習、予選と決勝でスポンサー等変る場合も多くあります。
 その為、ロゴを出来上がったヘルメットの上からそのまま貼り付けているだけの場合もあります


 スポンサーロゴ貼り付けは、ステッカーを切って貼り付けていますがロゴの大きさも
 機種の違いで違和感が出てきたりします(状況の判断でシール、または切り抜きロゴ制作)

 塗装色は写真、テレビ、での撮影の仕方、によって感じは違ってきます。
 ホームページでの色は、上記載と別にパソコン環境、モニター特性、画像ソフトと調整に
 よってかなり変わってきますので、実際とは違った色に見えます。
 職人の感覚にお任せでさせて頂いてますが、ご指定が有る場合は色見本をお送りください。

 ホームページ写真に似た感じで塗装しますが、塗る職人で違ったり、予告無く変更しています、
 HP搭載写真とは製作内容を変更しながら、より満足頂けるように努力させて頂いてます。
 クオリティを高く求められる場合は別途のお見積もりとなります。
 
 認証マーク,塗装会社のロゴ等は許可がない為に制作できないものもあります
 またクリアー等の全て仕上がった後でないと張れないロゴ、マークもあります
 当社では作れないロゴも有りますことをご理解してください、

 別ヘルメットメーカーのヘルメットメーカーロゴがつく場合は張らない場合もあります
 但し、デザインのバランスの関係で取り付ける場合もありますが、ご希望が有りましたら
 前もってご連絡をお願い致します。

 ライン、色、ロゴ、のご指定は製作途中での変更はできませんので始めにご連絡をお願い致します。
 ロゴステッカーに関しましてクリアー塗装前でしたら変更内容によりましては別途料金で
 相談させて頂きます

 ヘルメットは機種によりシールド幅等の違いで、前から見たのと横から見たラインの違い、
 ダクトの位置と形状の違いも有りますので、お客様の製作されるヘルメット形状に合わせまして
 製作時の判断でバランスを見ながら感覚的にアレンジして塗装製作致します
 特にバイク用と四輪用はシールドの幅が変わりますので前後のバランスを取りながら行います
 
 手仕上げの単品製作で上記載内容も有りまして制作精度と品質、色の感じ、ロゴ内容(位置、大きさ)
 仕上がり程度でのクレームは受け付けていません。
 仕上がりは通常の使用範囲(約1m)でヘルメットを目で見た時を想定して制作しています。
 ホームページ搭載塗装仕上げ精度以上のハイグレードな仕上がりをご希望の方は、
 ご連絡頂けましたら別途お見積りさせて頂きます。
 
  メールでの最終打ち合わせ内容との制作まちがいに関しましては、職人の判断基準でさせて頂きます
 その場合、お手数ですがメールで間違い部分の写真を添付ファイルでお送りください、
 修正させて頂く場合は、値引き、返品はできませんが、お許しください。
 修正は通常の塗装より手間と時間がかかりますことを、ご了承頂けますようどうかお願い致します。

塗装、制作に関しましての注意点

 ヘルメットは受け取って頂きましたら、実際使用される前にシールド等の締め付け調整をして下さい
 ヘルメットに塗装の厚み分シールドとヘルメットのスキマが狭くなるのでシールドの開閉時に塗装に
 傷がついたりしますので十分ご注意してください。

 エアーダクトの開閉できるタイプ、スイッチ付きタイプは塗装した駆動する隙間が狭くなるので
 開閉する時に動いた部分に傷が付いたり塗装が剥がれやすくなります
 エアーダクトを厚く塗装すると綺麗に仕上がりますが、開閉するダクトタイプによりましては
 スイッチ類が動くように薄く塗装します


 ディフェーサー(後ろの大きなウイング)は両面テープで貼り付けていますが純正品がない場合は
 特に密着が難しく隙間が多く開く場合があります(ヘルメット機種、サイズ等の違いがある為です)

 塗装を仕上げましてから一般的にはロゴ等を貼り付け、上からクリアーの塗装をしています。
 太陽光の反射して周りの景色が写りこむような仕上がりが魅力です。
 
 使われてるパーツ部分、特にゴム栓等は、色がのりにくくはがれやすいので取扱いに注意してください。
 淵ゴム部分はマスキングをして制作しますので、既製品と比べますと仕上げが悪くなります。

  塗装にかかりましてからの変更等は基本的にはできませんので、打ち合わせ時に詳細まで
 ご確認お願い致します。(内容によりましては、別途費用でさせて頂ける場合もあります)

 ご注文頂いてからヘルメットをお取寄せでメーカー在庫の関係で1ヶ月以上かかる場合もあります
 塗装の納期は標準仕様で4ヶ月±1ヶ月ですが状況で、お見積り時より遅れる場合があります。
 塗装は塗りながら、見て修正をしながら仕上げていきますので納期がはっきりいえませんことを
 御理解してください。
 

バイザーステッカーについての概要

 バイザーステッカーは、F1ドライバー仕様の場合、当社で制作実績が有る場合
 制作できますが、※ドライバーの仕様によっては制作していません。
 (※エアーダクト付きのシールドは、シールドステッカーは当社では制作できません)
  バイク用は視界のさまたげになりますので走行時は張らないでください。
 バイザーステッカーはサーキット走行に仕様する場合はスプレーのり等をしてから
  シールドに貼り付けると剥がれにくくなります。
 ヘルメットを塗装される時にオリジナルで制作される場合は、別途お見積り致します
 
 シートを切り取って、上からキリ文字またはステッカーを貼り付けて製作している場合は
 キリ文字が剥がれ易く、手で触ってみたら、引っかかりやすいのが分かります
 取扱いには十分気をつけて下さい。サーキット走行中だけでなく袋からヘルメットを出す時も
 引っ掛かりやすく剥れ易いのでご注意してください、
 塗装と同じで手ずくりで単品制作してますので、既製品のように綺麗には制作できません。

 観賞用として製作していますので、一般走行では視界のさまたげになるので使用しないで下さい。


意外なお話

 F1ヘルメット(アイルトンセナ)について、
 アイルトンセナの本物ヘルメットをもっている方がいますが、その方のヘルメットは
 スポンサーロゴの上からクリアー塗装をしていません。
 スポンサーロゴもつや消しで、クリアーを上から吹くと綺麗ですがカメラで撮った時に
 スポンサーロゴが光で写らないためだそうです(ロゴの隙間も広かったり、狭かったりします)
 プロモーション用(展示用)としてはピカピカのクリアー塗装済みが展示されたりしています
 
 本物のF1ドライバー使用ヘルメットも職人の手作りで、既製品と違い
 スポンサーロゴのステッカーも左右が少しずれて張られたり、曲がったりしています。
 文字の亀裂、塗装のにじみ、段差のバラツキ、タッチペイントの修正等もしてあったりします。
 コンピューターで正確にできたものでない分、人間らしさと感動を与えてくれるのかもしれません。
 本物のF1レーサーが使用するヘルメットより正確で綺麗ヘルメットを作ったほうが値打ちが
 あるとは言えない所も難しい所で、職人の所へ本物のヘルメットを購入された方から見た目を
 直して最良くしてほしいと修正依頼が入ったこともあります。

 昔ですが外国製のバイクでドカティを正規ルート購入した時に、塗装を刷毛で修正している部分が有り
 日本代理店に連絡しました所、これがドカティの持ち味と言われたことがあります。

 いろいろ記載しましたが、やはり手作りでしか味わえない所がカスタムペイントの魅力です
 世界に貴方だけの手作りで塗装、制作されたカスタムペイントの世界を堪能してみてください。


 貴方の塗装の相談に乗らせて頂きます、 アートの世界へ

ヘルメットペイントライン

ヘルメットトップページへヘルメットTOPページへ


ヘルメットの塗装はいろいろな注意点が必要です
KART21で貴方の世界で一つのヘルメットを作りましょう。