KART21は楽しいレーシングカート ライフがおくれますように、アドバイス致します。
   




エンジンの長持ちするための、1ポイントアドバイスです。


チェーンの張り調整(フレームの種類、リヤーシャフト剛性で、張り調整は変わってくる場合があります。

チェーンの張り調整で、エンジンパワー、〜チェーン、スプロケの耐久性まで変わります。チェーンの張り調整はきつい所と緩い所がありますが、一番きつい所を基本に調整します。きつい所で、少したるみがあれば大丈夫です。張りすぎる状態で回そうとすると摩擦力も大きくなるのでチェーン、スプロケの消耗が早くなるだけでなくエンジンも回りません。特にブレーキをするとリヤーシャフトが後ろに引っ張られるのでエンジンのクランクが後ろに引っ張られて、エンジンのクランクとベクランクアリングも痛みます。また痛んだスプロケハブ、曲がったリヤーシャフト、をごまかして使用すると逆にチェーン、スプロケが痛んで余計にお金が要ったりします、チェーンラインもきちんとあわそうね。張り調整ひとつでエンジンダイナモで測定してもパワーが変わります。


サイレンサーBOX(フィルター無しタイプ)の掃除と嘘みたいな本当のお話。(^_-)-☆

乗りに行く度サイレンサーボックス内部を綺麗に洗ったあと、ボックス内部とBOXの空気入り口チューブ部分にチェーンオイルを塗ると砂や塵がBOXに引っ付いて、エンジン内部に塵が入るのを防ぐため、エンジンが長持ちします。1回乗るとこんなに砂が、とびっくりします。(小さな石が引っ付いている場合が良くあります。塗る方法は洗ったあと、乾かしてから、塗っておいて、乗る前にもう一度塗ると効果的です。雨の時に乗ると逆にチェーンオイルでひっついた砂が、取れやすくなるので特に注意してください。

エンジンマウントのすり合わせ、、、たかが、、、、されど、、、!(^^)!

エンジンマウントをフレームの上に乗せて対角線上に端と端を押してみます。もし、持ち上がったりするなら、きちんと摩り合わせをして綺麗に修正すると、フレームのマウント部分のクラックが減るだけでなく、エンジンも歪みにくいぶん調子よく長持ちします。またマウントのエンジンを止める穴開けはフレームのあくまでパイプ部分に水平に開けようね(^O^)/
穴明けの位置で、エンジンの前後(チェーン長さが変わる)左右方向(フレーム端からスプロケハブの位置)まで、変わります。あまり外側にエンジンが行くとシャフトがたわんだ時に痛みやすく外れたりしやすいので注意してください。カート21は常に同じ位置に穴あけができます。

ガソリンフイルターは、必要??取り付け位置も重要です。(^_^)v

エンジンのキャブ内部にも網(フィルター)はついていますが、KT,PRD,のキャブ内部は、網面積が小さいために、通路がつまりやすいために、ホース途中エンジンに近い所に取り付けるといいです、タンクに近すぎるとフィルター内部の空気がホースを通じてタンク上部に空気がたまりやすく、ガソリンがきにくくなるのでキャブセットが出しにくい場合が出てきます。フィルターは紙タイプを使用すると小さなゴミまで取れますが、まめに交換してください。

タンク内部の重りを加工、、、白いゴミの正体????(^_^;)

タンク内部の重りをヤスリで角を取り、後でペーパーで磨くとゴミが入りにくい???キャブをばらして網の部分を見ると白い糸みたいなゴミを見た方は多いと思います。これは、タンク内部のホースの下に着く重りが横Gで左右に揺られた時に削れたタンクの一部なのです。網のフィルターをしても越していく位細いので網タイプ使用の方は、キャブ内部の掃除を定期的にしてください、またキャブ内部にゴミがあった時は必ずフィルターも交換しよう。