レーシングカートのチェーンライン調整
レーシングカート トップページヘ
racingkart rain
 

レーシングカートはフロントスプロケットの歯とリヤースプロケットの歯部分が一直線に
合わせる必要があります、一般的なチェーンラインと張り調整は下記で行なってください。

  ☆作業前に、エンジンマウントとフレーム周りを綺麗にソージしてください。
    (エンジンマウントとフレーム間に砂等が付いた状態で取付ると走行中にエンジンが動く場合があります)

  ☆ レーシングカートのチェーンライン調整方法
    (Fスプロケットの歯とRスプロケットの歯部分のライン)
    
    エンジンをカートフレームの上に置いただけの場合とボルトで固定した状態ではチェーンラインが
     変わる場合があるのでエンジンマウント押さえボルトを締めて固定した状態で合わせてください。

    下図のようにリヤーの大きなリヤースプロケットにさし板等を押し当てます。
    チェーンラインが違う場合はリヤースプロケット用ハブのシャフトに止めるハブボルトを緩めて
    ハブを動かしてチェーンラインをあわせます。

    注記 ハブが動かない場合はハブとシャフトの間にCRC(潤滑剤)をさしてください
        アルミの棒(柔らかい棒)等をハブの根本部分に当てハンマーで叩くと動きやすいです。
        (ギヤー部分を叩くと曲がるのでハブの根本以外は叩かないでください)

     例)  フロントスプロケットとさしの間に隙間がある時はハブの位置を隙間がなくなるように動かします
        またはフロントスプロケットに、さしが当って平行にならない場合も同じになるようにあわせます
        リヤースプロケとフロントギヤーのラインは同じになるように合わせてください。

    リヤースプロケを廻して3箇所〜6箇所でチェーンラインが同じかどうか見てみます
         (スプロケ等に曲がりがある部分のチェーンラインが合わなくなります)
        チェーンラインのばらつきが0.5mm以内でしたら問題はありません。
    ばらつきが一番平均的な位置になるようにあわせてください。
    ※ライン調整が終わったら、必ずシャフトに固定するスプロケハブボルトを締めてください。
     締めてからもう一度確認してラインが変わる場合はハブの痛みで交換を推奨します。
    
   (この説明はダイレクトエンジンの場合のチェーンライン調整方法です)

    ※チェーンが付いた状態でチェーンラインを合わせる場合は
     さし板等の長さをチェーンに干渉しない長さに加工して行なうと.作業が早く正確です。
    (チェーンライン用さし板もKART21は販売していますのでご相談してください)

  ☆レーシングカート、ギヤー、ハブ、シャフト周りの痛み、曲がり、歪の点検

    スプロケを廻しながらチェーンラインを見て測定場所でラインが多く変わる場合は
        下記が痛んでる可能性がありますので、痛んだ部品交換を推奨します。
      @リヤースプロケットギヤーの曲がり
      Aスプロケットハブの曲がり
      Bリヤーシャフトの曲がり
    ※(フロントスプロケ、またはFギヤーは同じ商品の呼び名です)

この説明はレーシングカートの機種等で変わる場合が有りますことをご了承してください。
------------------------------------

    ☆レーシングカートのチェーン張り調整
    チェーンの遊び調整はエンジンを前後に動かすことで行ないます 
    エンジン下のマウント押さえボルトを緩めるとチェーンの張り調整ができます。

        チェーン張り調整はリヤースプロケを廻しますと、きつい所と緩い所があります。
        一番きつい(張っている場所)を探しその場所で少し弛みがある程度で締め付けます

    エンジンマウント押さえボルトを締めるとチェーンの張り量も変わります
     その場合エンジン押さえボルトが締まった状態で再度張り量を確認してください。
    ※きつすぎるとエンジンのクランク部分が傷み、チェーン類の痛みも早くなります。
    ※緩すぎても外れたり、フリクションロスになりますから注意してください。
    ※エンジンのマウント押えボルトは前後を少しずつ交代しながら締め付けます
       マウント押えボルトM10の場合はトルクを2.4〜3.2N.m位で締め付けます
         
   マウント押えボルトを締付後、チェーンの張りと共にチェーンラインも変わる時もあるので
   再度チェーンラインも確認してください。

    ☆レーシングカートのギヤー類の痛みと点検方法

    痛んだチェーンを使用しますとギヤー類も消耗が激しくなります。
    目安的にチェーンをスプロケに引っ掛けた状態でチェーンとスプロケの歯の隙間が
    歯部分の半分位隙間ガタが出ると交換して下さい。
   (ギヤーも先が尖ってくるとトラブルに原因になるので交換してください。)
   
    タイヤ(Rスプロケ)を廻してチェーン張り方に差が大きく問題がある場合
         下記作業で痛んでる部分を探して交換を推奨します。

    スプロケを廻してチェーンが一番きつい所に合わせてから下記作業を行ないます
             @エンジン側のドライブスプロケを半回転廻して一番きつい所と緩い所がある場合
        →(フロントのスプロケット変磨耗、またはエンジンのクランク精度の痛み)
      Aリヤーシャフト側のスプロケ側を半回転廻して一番きつい所と緩い所がある場合
        →(Rスプロケの変磨耗、スプロケットハブの精度狂い、リヤーシャフトの曲がり
      Bチェーンに印を入れて印が同じ位置にきたらきつくなる場合
        →(チェーンの痛み)
      C何度か同じ作業をしてきつい所と緩い所の位置がずれていく場合
        →(複合された全体的な痛みです)
   
   ※ ソノタ注意事項
       ギヤーが外れると、急に失速して後のカートが追突してきたり
          チェーンが走行中に切れて飛んだチェーンが周りの走行カートに飛ぶと危険です
           安全の為に走行前と縁石にギヤーが乗り上げた後には必ず点検してください。

   
     チェーンオイルは走行前に毎回塗ってください。
     (10分以上前に塗るとオイルが浸透して、飛び散りも減りギヤー類が長持ちします)

---------------------------------

レーシングカートレースで勝つための 1ポイントアドバイス
  ☆レーシングカートはチェーンの上記張り方でもエンジンパワーにも影響します。
    チェーンの張り方でも耐久性にも影響しますのでカートライフをお安く楽しめます。

  ☆ エンジンをフレームの上に置いただけの場合と締め付けでチェーンのラインが多く変わる場合は
     エンジンのマウント面がフレーム面が合っていない為です
     この状態でエンジンをフレームに締め付けると乗るとエンジン、フレーム共に歪がでて
    フレームはクラックが入りやすく、エンジンは高回転まで廻らず、耐久性も悪くなります。
    摺り合せをして、フレームにマウントを沿わせるか、加工してください。
    KART21ではフリーライン等のエンジンマウント精度アップもできます。
  
  ☆レーシングカート用タイヤは外形にバラツキがあるのでリヤータイヤを新品に交換した場合
    それに ともなってギヤー枚数が1枚〜2枚変わる場合がありますから気をつけよう。


     レーシングカート トップページヘ      前のページへ

  ☆カート21で商品を購入すると
              レーシングカートのノウハウをまだまだ教えてもらえます