レーシングカートのボルトを締め付ける力の説明

ボルトの締め付け  ボルトページへ戻る
racingkart rain
 
締め付けトルクとは

スパナの場合での説明
左の絵の感じで
(F)は締め付けた力(廻す方向に加えた力)
(L)はボルト中心から手で持った部分までの距離
------トルク(T)=(F)締付力×(L)距離-----
参考 
)100N(約10Kgf) ()10cm の場合
  トルクFは1000Ncm または10Nmです
  
トルクレンチの場合
左図はプリセット型トルクレンチです

 設定した値になるとカチッとなった所で止めます
 毎回使い始め初回は違う値でカチッとなりやすく
 ご注意してください

(トルクレンチでの締付けは正規握り部分を持ちます)
一般的に締め付けトルクはボルトの呼び径と材質、ネジピッチで決まりますが
 ボルトのネジ込み深さ、タップ側材質、締め付け場所で変わります
 
下記は参考でレーシングカートの場合振動が多く、相手側がアルミも多くあり
 使われる場所によって、適正トルクが変わりますので注意してください
 ※S45Cのボルトを10Tのボルトに交換した場合でも相手(ネジ込み側)の強度が
   有りますので、強く締め付けが可能と言うことでは有りません。
   場所によって逆に相手側が壊れたり、歪が出る場合がありますので
   締め付けは、あくまで場所にあわせて適切な締め付けでお願い致します。
   但しボルトは強度があるほうが安心ですから高強度なボルトをお使いください

呼び径
サイズ
普通鋼
S45C
kgfcm
7T、8T
 ←→
kgfcm
  9T、10T
  SCM等
  kgfcm
締め付けトルク換算
7T/8Tの記号はボルト頭に記載された
ボルトの強度記号です

M4  16   25     33  1N・m=10.1972Kgf・cm
 
1N・m=0.101972Kgf・m
 
 1kgf・m=9.8067N・m
 1kgf・m=100Kgf・cm

 (左値は標準的な参考値)
M5  30   50     70
M6  53   88    120
M8 127  210    300
M10 250  420    580
   参考ページへ
締め付ける商品によって、締め付けトルクは指定されています。
□参考(ヤマハ参考値)
    ヤマハKTエンジンの場合(締め付け場所で歪み等もあるので注意)
   ヘッド締め付け力    M8   18〜21N・m(約1.8〜2.1Kg・m)
   キャブ取り付け部    M6      7.5〜12N・m(約0.75〜1.2Kg・m)
   プラグ(ネジ径による) M14    15〜25N・m(約1.5〜2.5Kg・m)
   SCダイレクトスプロケ    M12    32〜38N・m(約3.2〜3.8Kg・m)
   ---------------
 ヤマハフレームでのマニュアル参考値です
   リヤーホイル       M8   18〜22N・m
   ホイルハブ        M8    25〜28N・m
     
 ヤマハのサービスマニュアルが参考になりますのでご購入を推奨致します。
 -----------
□コマーエンジン
     *クラッチドラムwithスプロケット分部(M10)
       中強度のネジロックを少しつけて30N・m
             (クラッチ側外のボルトは左ネジなので注意)
     *ヘッドボルト M6  9N・m〜12N・m
          *ケースボルト M6  8N・m〜12N・m(ローター側)
 (※ガスケットが紙で潰れる分緩みますので増し締めをしてください)

※レーシングカートは締め加減で調整する部分も有ります
 一般的に締め付けると事故が起こったり、また締め加減がセッティング性能に
 影響する部分も有りますのでご注意してください。

※ボルト、ワッシャにグリス等を塗ると同じトルクで締め付けても
  も、表面の摩擦係数が低くなる為、実際には強く締まります。
   (締め付けたトルク値と、閉まった力は同じではありません)


 締め付け場所によりまして、ネジロック、シール剤が必要です。

下記は締め付けトルクではありません、ボルトの企画と材料の参考です
ボルトに規定されている10の強度区分(参考値)
強度区分 3.6 4.6 4.8 5.6 5.8 6.8 8.8  9.8 10.9 12.9
呼び引張強さ
(N/mm2
300 400 500 600 800 900 1000 1200
最小引張強さ
(N/mm2
330 400 420 500 520 600 800 900 1040 1220
  実際はその他条件、製造方法、精度で変わりますので参考に記載します
強度区分 材質、参考
3.6 普通鋼、炭素鋼、SWCHなど
4.6 普通鋼、炭素鋼、SS400、S20C
4.8 炭素鋼、普通鋼SS400相当、SWRCH6R、SWRCH材
5.6 炭素鋼、S45C、S25Cなど
5.8 炭素鋼
6.8 炭素鋼、S45C、SCM432
8.8 炭素鋼(焼入れ焼戻しや合金元素で強化)、S45C熱処理強化したSWRCH38K
9.8 SNB7、SCM435、炭素鋼(ただし焼入れ焼戻しや合金元素添加で強化)
10.9 合金鋼、SCM435、SCM440
12.9 合金鋼、SCM435


   最詳しく知りたい方はこちらへ


  ボルトページへ