レーシングカート トップページヘ
racingkart rain
 
LFANO PRO
(下記概要は旧モデル,今は V2モデルが販売中です)
パーツの関係で参考にページを残しておきます。

最新の価格も栄光ホームページをご覧ください。

この計測システムはコース内に埋められたマグネットを車載のセンサーが感知しラップを
測定しますのでトランスミッターなどが必要無く本体のみで作動します。
最大3区間まで区間タイムを測定できるのでカートのセッティングをすることが出来ます。
(ALFANOの本体及び周辺機器は改良のため予告無く変更することがあります)

(ALFANO PROは本体およびセンサーが同梱されていますので、そのまま取付け使用できます。)
(ALFANOに始めからついている電池は、
すぐ切れる場合があります。予備電池を購入してください
ALFANOは、カートの振動に絶えれるように、設計されていて安心して使用できるのが特徴です。)

本体とディスプレイ部が一体になっており、ブラケット等が必要ないの
で取付及び配線が、とても簡単に出来ます。配線は、標準仕様で
タコメーターケーブルとセンサーケーブルの2本のみです。
エンジンがストップして約10分で自動で電源が切れます


通常使用状況での防水機能はついていますが、強い雨の時は
ビニール袋等を被せて使用したほうが安心です。
またコンセント差込口は防水でないのでビニールテープで
巻いておくと安心です。(保障対象外)
ケーブル接合部はネジ式になっており、確実に配線できます。
また金属製なので、破損のトラブルや浸水のトラブルなどを防ぎます。
雨の日の走行もOKです。


ネジ取り付けは取り付け部分をよく見てまっすぐに差し込んでください。

差し込む時にケーブルを強く曲げると内部の線が
断線し易いので注意してください。
電源はコイン型リチウム電池を使用します。バッテリーの充電が
必要ないので、走行後も本体をそのままカートに取り付けたままで
OKです。使用電池はコイン型リチウムCR2450電池。
(一般には販売していないのでご注意下さい)
約3ヶ月OK(使用状況で変わります。)
出荷時についてる電池寿命は短い場合があります。

大型ディスプレイは、ラップタイム・回転数・ラップ数・ベストラップディファレンス 水温(座温)・走行時間・
E/G別走行時間のそれぞれがすべて同時に表示されます。その他水温1ラップの回転数ごとの使用時間
などが表示されます。またセンターにある赤外線出力でパソコンへデータをデータインポートしてグラフで
見ることができます。エンジンがストップして約10分で自動で電源が切れます。

ALFANO ステアリング LOOK3

お手持ちのALFANOを内蔵して一体式とした新型のステアリングです。
見た目もすっきりし視認性が大幅にUPします。(外形310mm)


ALFANO OPTセンサー(受信機)
赤外線方式のセンサー受光部。
マグネットが埋め込まれていないコースで使用します。
他にトランスミッターが必要
電池は、CR2032、
使用時間は2ヶ月位(電気屋さんでも売ってます)
動作確認済みトランスミッター
  (ALFANO、LAPCOM Ch.0)

ALFANO トランスミッター(送信機)
赤外線方式のトランスミッターマグネットのないコース用
マグネットが埋め込まれていないサーキットでコース脇
に置いて使用します。三脚を取り付ける為のアルミ板付き
バッテリーは別売り(12V)

ALFANO リキッドセンサー ジョイントアルミ φ17
ラジエターパイプにリキッドセンサーを接続するジョイント。
主に100cc水冷エンジン・MFCなど
ALFANOリキッドセンサー ジョイントアルミφ19
ラジエターパイプにリキッドセンサーを接続するジョイント。
主にYZ125など
ALFANOPROリキッドセンサー
水温を測定するためのセンサー。
ROTAX125MAXはそのまま使用できます。
その他のエンジンは上記のジョイントアルミを使用します。
ALFANO 座温センサー
プラグの根元に付け、温度を測定するためのセンサー
(プラグ温度からエンジンのキャブセットを)
  ALFANO ダウンロードキット
パソコンへデータをダウンロードするケーブルセット
専用ソフト付属ひとつで何台でもOK
 (ケーブルは9ピンシリアルポート接続です)
 WINDOWS95・98・Me・2000・XP PC/AT互換機用
コード長さ1m
コード長さ3m 
パソコンショップで延長ケーブルも販売しています。
ALFANO マグネットセンサー
本体付属のマグネットセンサー。2台のフレームに
1つの本体を使うときに便利。
取り付けボルトが前を向くように取り付けてください。
10cm以内でご使用を推奨
KIT  
ケーブル(S)が付属しています。

ONLY 
ALFANO ケーブル

(S)  85cm 
(L) 160cm
(車、バイクで使用時の延長に)
ALFANO REVケーブル
タコメーター用のケーブル
ALFANO用 リチウムボタン電池 CR2450
ALFANO本体用のボタン電池です。
1個は購入時に付属
予備で持っておくと便利

   
ラップ回転数モニタリングシステム

ベストラップ時の使用回転数を本体及びパソコン上で見ることが出来ます。
ベストラップ使用回転数を640rpmごとにわけ、それぞれの回転域を何秒使ったかわかります。
今までは最低回転を見てセッティングしていましたが、実用回転数でセッティング出来るので
より実践的なギアを選ぶことが出来ます。


エンジン回転数モニタリングシステム

6分36.8秒内で0.2秒おきにモニタリングしてエンジン回転数を記録できます
これにより時間経過ごとの回転数が モニタリングされるので加速度、
車速の情報を見ることが出来ます。
この機能はデータをパソコン上でしか見ることが出来ません。
モニタリングシステムを作動中はラップタイム、回転数は記憶されません。

パソコン表示画面


アルファノプロ赤外線センサーを利用時の設定方法です。
ALFANO OPTセンサー(受信機)側の設定
アルファノプロはOPTセンサーを開けて内部の設定を変えることで
他のメーカー製送信機を利用してタイムの計測ができます。

OPTセンサーの蓋を開けると上図の設定ができます。 
たとえばアルファノの送信機を利用の場合は       
一番左図の様にスイッチの位置を設定してください。  
注記
ラップコムを御使用の場合はラップコムの送信機を御使用してください。
AIMを御使用の場合はAIMの(送信機)を御使用してください。
ALFANO FAQ

Q.      
磁気センサーはどれくらいの距離に反応しますか?


  純正のセンサーで10cmまでの距離でご使用してください。(レーシングカート用)
   高感度センサーの場合は20cm〜30cm位ですが使用状況で変わります。
   アルファノファンの場合は15cm以内での取り付けをしたほうが安心です。
   地面からの距離が遠い場合作動が不安定になります、調子よく動いていたのが
   急に反応しない場合もあります。


Q.      磁石が埋設されてないコースで、ALFANOを使用できますか?

   オプションの赤外線の送受信器があります。
   もしコースに磁石が埋設されていない場合は、この赤外線システムを
  
使用してください。 本体の方の変更は必要有りません。


Q.      どの様にして区間タイムを測定するのですか?

A.   
コース上に3本の磁石が埋設されていれば、3区間の区間タイムを
   測定することが出来、全ての区間タイムを表示することが出来ます。

 
Q. ピットでデータを呼び出したり走行中データを読めますか?

A. 必要なデータに設定することで、走行中に見ることが出来ます。 
   ピットではラップ毎に全ての情報を呼び出すことが出来ます。


Q. データは、メモリー内に記憶されているのですか?

A. メモリー機能で記憶されているので自宅でPCにダウンロードOK

Q. 2サイクル、4サイクルエンジンで作動しますか?

A. 希望サイクルをALFANOのメニュー上より選択してください。(単気筒)

Q. どの様な温度が測定可能ですか?

A. 水温とシリンダーヘッド温度が測定可能それぞれオプションで販売

Q. 走行中、ディスプレイ上にどの様な警告が表示されますか?

A. 温度、回転数、最速ラップ、最速ラップからの遅れが表示されます。

マニュアルをお読みください。ほとんどの疑問に対する答えを見つけることが出来ます。
もしそれでも、答えが見つからなければ、御連絡下さい。

注記 ALFANOはメーカー出荷時より1年間の保証があります。
    (但し本体のみ。補器類は初期不良のみ保証いたします。バッテリーは保証の対象外です。)
    本製品の故障に起因する付随的損害(記録に要した諸費用及びデータによる得べかりし利益の損失、
    記録されたデータが正常に保存・読み出しが出来ないことによって発生した損害等)については、補償致しかねます。

    本製品の本体及び周辺機器は改良のため予告無く仕様・価格を変更することがあります。

商品のメーカークレームは輸入して1年間なので在庫を持たず予約で輸入しています。
       どうか、早めにご注文して
ください。


            
データーロガーTOPページへ     カート21TOPページへ