アイルトン セナ1988年(マクラーレン時代)仕様

TOPページへ
ヘルメットペイントライン
 





アイルトン・セナ・ダ・シルバ (Ayrton Senna da Silva)
 ブラジル出身で「音速の貴公子」と呼ばれた

 □1988年セナの移籍に伴い、マクラーレンにもホンダエンジンが搭載され開幕から連勝を重ねる
  第15戦日本GPでスタートミスで順位が下がるが追い上げて優勝し、セナ初のF1チャンピオン獲得になる
  (当時のヘルメットはベル社のM3を使用)


 □製作概要
  アイルトンセナ1988年仕様、アライヘルメットSK5に塗装製作
  当時はエアーダクトが付いていませんでしたので、同じ様に加工をして穴をなくしてみました。
  ヘルメット最終仕上げをポリシャー仕上げ、


  貴方もオリジナルヘルメットの仕様に合して塗装いたします。


アイルトンセナ 1988年
ヘルメットTOPページへ